1. HOME
  2. ブログ
  3. 謹賀新年2024 本年もどうぞよろしくお願いいたします

謹賀新年2024 本年もどうぞよろしくお願いいたします

謹賀新年。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年早々大きな地震が能登半島を襲いました。私たちは東京から来られたお客様を見送りして、年末おせちで出来なかった大掃除をして帰る頃、携帯からあの怖い音が鳴ってこの事実を知りました。遠い他県の話・・・他人事じゃ無くて、私たちに一体何が出来るか・・・今年からはそんな思考回路でいこう〜そう思いました。ちょっと今まで数年間、私は「事なかれ主義」のぬるま湯に浸かりすぎていて、世間の「常識」から外れて生きている気がしていました。

「プロ」の店に戻したい

私は30歳〜45歳くらいまで写真の世界のど真ん中に居て、プロの現場というクリエイティブな環境に身を置いていました。一発勝負のプロの現場は相当な緊張感があり、刺激もあった。そしてなによりも自分の仕事にプライドがありました。もう一度自分の仕事にプライドを持ちたい。そう思って直談判し、オーナーより家中舎の「亭主」という肩書きを頂きました。今までのように料理全般を取り仕切る役割から、宿泊や宴会、もちろん料理、家中舎独自の観光事業やフォトウェディングを含め、家中舎の未来すべてを「亭主」がクリエイトしていきます。

先ずは宿から

中途半端な事が嫌いなので、振り切っていく事から始めたいと思います。すでに去年より宿の改装が始まってます。2024年春に薫風2Fに新しく洋室をオープンさせます。ビジネス家族や外国人ファミリーが宿泊できるソファ&ベッドの部屋。PC用モニタやWi-Fiも完備。今までとは全く違うコンセプト。離れ宗武庵には念願の露天風呂を設置。温泉ではないので温泉宿の掛け流し露天には到底及びませんが・・・。外で湯に浸かりながら日本酒を・・・。海外の方や都会の方が「面白く」「ゆっくりくつろげる」空間を作ります。

今年1年で何処までいけるか

普段使いできる新しい店舗を作る計画も水面下で進んでいます。折を見てタイミングで発表できればと思っています。何処に向かいたいのかわからないモノに私たちは興味を示しませんが、町を賑やかにはしていきたいと考えています。家中舎を愛してくれる全ての方のために。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

家中舎亭主 水口宗仁

茶懐石(昼・夜兼)

2024年2月
       
1
×
2
×
3
×
4
×
5
×
6
×
7
×
8
×
9
×
10
×
11
×
12
×
13
×
14
×
15
×
16
×
17
×
18
×
19
×
20
×
21
×
22
×
23
×
24
×
25
×
26
×
27
×
28
×
29
×
   
2024年1月