家中舎の宿

 

快適に過ごす事が目的であるなら、便利で何もかも揃っているところの方が良いと思います。
しかし、毎日の時間に追われ、人の意見に惑わされ、疲れたこころを癒やせる場所には「便利」はあまり意味が無いのかもしれません。
忘れかけた日本人としての暮らし方や時間の使い方を思い出させてくれる空間。
また、外国人観光客には古き良き日本の暮らしを体験できる施設となるでしょう。
何もない。今何時なのかもわからないくらい。ゆっくりと流れる時間を体感できる場所家中舎【月光】。
食事が出来る場所にある宿泊施設。和のオーベルジュを目指しました。

 
 

1F 薫風【くんぷう】
薫風とは初夏、若葉の香をただよわせて吹いてくるさわやかな南風のこと。茶道ではご銘としてよく使われる言葉。家中舎の庭が見える開放感のあるお部屋。縁側に腰掛け、ずっと読めなかった本を引っ張り出してきて読書などいかがですか。