家中舎の宿

 

快適に過ごす事が目的であるなら、便利で何もかも揃っているところの方が良いと思います。
しかし、毎日の時間に追われ、人の意見に惑わされ、疲れたこころを癒やせる場所には「便利」はあまり意味が無いのかもしれません。
忘れかけた日本人としての暮らし方や時間の使い方を思い出させてくれる空間。
また、外国人観光客には古き良き日本の暮らしを体験できる施設となるでしょう。
何もない。今何時なのかもわからないくらい。ゆっくりと流れる時間を体感できる場所家中舎【月光】。
食事が出来る場所にある宿泊施設。和のオーベルジュを目指しました。

瀬戸内国際芸術祭2019〜秋会期〜

丸亀・多度津・観音寺の島々を巡る 国際芸術祭秋会期(9月28日〜11月4日)期間中、家中舎「月光」は宿泊施設として稼働します。鑑賞パスポートをお持ちの方優先宿泊をはじめ、昼食の予約販売、多度津駅から家中舎までの送迎、翌朝丸亀港や多度津港への送迎を含めた「瀬戸芸期間中限定サービス」を予定しています。9月28日以降の宿泊予約受付は8月下旬を考えています。宿泊料金や施設サービス等、このページに記載以外の事はお電話での問い合わせでもお答えいたしかねます。ご了承ください。

 
 

1F 薫風【くんぷう】
薫風とは初夏、若葉の香をただよわせて吹いてくるさわやかな南風のこと。茶道ではご銘としてよく使われる言葉。家中舎の庭が見える開放感のあるお部屋。縁側に腰掛け、ずっと読めなかった本を引っ張り出してきて読書などいかがですか。